プロジェクト

羊・森まきばプロジェクト 2009~

2ヘクタールの雑木山とまきば(在来ノシバ)を組み合わせた理想的な牧草地作りを目指し、12頭の羊を放牧しています。 里山の自然界には、動物と植物の素敵な共生関係がいっぱい。そこに学んで、羊と樹木や草の素敵な共生関係にあふれたまきばを育てます。 どんな共生関係ができているかは、放牧草地研究家・福田栄紀さんとの共同調査で、長期にわたって観察・記録していきます。

里山小屋プロジェクト 2010~

地域の素材を、地域の人の手作りで。古い小屋をリフォームして、杉材でポスト&ビーム工法のログハウスをゆっくり手作りしています。(室内はほぼ完成)梁には、古民家の松材、断熱材には麦わらを利用。 そして室内には杉や銀杏のログテーブル。ここがスタッフ、会員が集まる生活学校の拠点です。

地域エネルギープロジェクト 2011~

原発事故を真剣に受け止めて、地域で生み出せるエネルギーを楽しく模索したい。そんな思いで始まったこのプロジェクトの第1弾はロケットストーブ。中古のドラム缶などを活かしたストーブ本体と地域素材の粘土を利用した蓄熱ベンチを手作りしています。