生産・工芸

わらび

羊の放牧地の一つ「やさし森」は、わらびやま。羊たちはわらびを食べないので放牧あとにはきれいにわらびが残ります。羊とわらびと人の楽しい共生ができました。

木人(こびと)

「いのち森」にたくさん自生しているエゴの木。ヤマガラという鳥が、種を運んで増えた木です。その小枝を使ってつくるミニチュア木工芸。スタッフ ペーターが生みだした「木人(こびと)シリーズ」は、生活学校のシンボル工芸になりました。

その他販売物

ガイドブック…2012年トヨタ財団の地域社会プログラム助成を受けて発行しました。里山のめぐみと人の暮らしの関係を写真と文でまとめたカラー50ページの小冊子です。
絵はがき…大船渡市のアマチュア画家・河内山亨の油絵で「3.11被災地支援ハガキ」をつくりました。売り上げは岩手県の津波被災地と福島県の原発被災地の支援に使っています。